最初の段階として|子供の名前で頭を抱えている人にアドバイスします!
占いの道具

最初の段階として

並んでいるサイコロ

子供の名前って結局どういう方法を使ってつけてあげればいいのかすごく迷ってしまいますよね。
なのでこの記事では子供の名前で悩んでいるあなたに、どのような名前の付け方をしてあげたらいいかという一例を挙げていきたいと思います。

やはり一般的にもっとも多いと言われているのは間違いなく「将来どうなってほしいのか」だと断言できます。どんな親も自分の子供には将来期待していることが何かしらあるでしょう。別にまだ漠然としていても特に問題はありません。たとえば強くたくましく育ってほしいと思っている人や、いつでも優しく清楚な人間でいてほしいなど、いろんなパターンがあるかと思います。つまりそこから連想できる漢字をいくつかピックアップしていけば、あとはそれぞれの漢字を組み合わせるだけでたくさん名前の候補が生まれるはずです。

そして他には「親の名前から取ってみる」といった方法もよくあります。たとえばあなたの名前とパートナーの名前から一文字ずつ拾ってつけるわけです。またうまく使えない場合は片方の親の名前と似たようなニュアンスの名前を使ってみるという手もおすすめです。わかりやすく言えば親が「太郎」なら子供は「次郎」みたいな感じです。「健一」なら「健司」みたいに、こちらも色々なパターンの候補が出てくるでしょう。

あとは「季節」に関わる名前を使う人もたくさんいらっしゃいます。日本には四季があるので必ずどこかの季節で生まれますよね。どの季節でも名前として使える漢字は多いので、必然的にオシャレな名前ができあがると思います。